まじめにふまじめ

くず大学生の惨状

Paul Smith

僕の好きなファッションブランドのひとつにPaul Smithがあります。僕のシャツやジャケットのこだわりを満たす数少ないブランドのひとつです。みなさんご存じのようにPaul Smith氏がデザイナーのイギリスのブランドです。僕はトップの顔というものは重要視するので初めて知ったブランドなどは必ずトップのデザイナーについて調べるのですがPaul Smith氏を見たときにビビッときました。

イギリスのブランドだけあって基本はシンプルでクラッシックなデザインなのですがそのなかに遊び心を入れてるのが完全に僕好みなんですよね。パッと見普通だけどよく見るとディテールにこだわってるってのがいいですね。

シャツの襟についてのこだわりは言葉では何とも言いずらいのですが(笑)、ホリゾンタルやワイド過ぎず、適度な角度適度な太さで、ジャケットを羽織ったときにしっかりフィットする襟です(何にも伝わってないですね(笑))。

たとえばこれは僕のなんですが、、、


f:id:hobby-eagle:20150201222906j:image

もう襟が良いですよね(あまり分かってもらえない)。それとこのドットの部分と赤い糸が目立ちます。

このブランドは裏地や袖口、ボタンのとこの糸など細かいところに遊び心がきいていて裏返して着たいくらいです(笑)

スーツやコートなどのフォーマルなものはイギリス首相のをオーダーしていただけあって良いものばかりです。一方Paul Smith JeansやPS Paul Smithなど価格帯を落としたカジュアルラインもあります。大半は良いものですが、たま~に僕でもこれは変じゃないかなとか値段の割に質が悪いなと思うものもあります。そこは注意が必要ですね。

学生には簡単に買えるようなものではないですが、いろいろ頑張って春先のシャツかジャケットを新調したいところです。