まじめにふまじめ

くず大学生の惨状

メモ帳のお話

僕の今のメモ帳はMOLESKINE社のヴォランのXSサイズというものです。
実は文房具には結構こだわっていて、筆記具には前から詳しかったのですがノートやメモ帳はそこまでではありませんでした。
メモ帳はそれまで使っていなかったのですがやはり必要性を感じるようになって少し前から使い始めました。どうせお金を出して買うのならできるだけ良いものを買いたいという思いもあっていろんな文房具屋さんに足を運んだりインターネットで調べたりしました。
するとやはりMOLESKINE社のメモ帳は歴史もあり世界の著名人が愛用しているということで断トツで有名でした。まだメモ帳を本格的に使ってもない奴があれこれ悩んでも仕方ないということでここのものを買うことにしました。しかしまたさまざまな種類があって非常に悩みます。無地、横線、方眼などの柄や色も悩むんですが一番頭を抱えたのが大きさ。ポケットに入るようなものからノートくらいのものまであります。
実際はノートくらい大きい方がいいんです。だってたくさん書けるから。ただそれだとノートでいいじゃんってなるし、持ち運びに苦労します。メモっていうのはその場の思いつきを書き留めるわけですから常に身に付けておきたいんですよね。その点ではポケットに入るような手のひらサイズがいいんです。でも小さくて自由に書けない。じゃあその中間か?ひたすらメモ帳を使ってる自分を想像してシュミレーションしました(笑)。そして結果、手のひらサイズを買ったんです。
ある程度使い続けてみてどうだったか。微妙でした(笑)。やっぱ小さいです。小さくて書きにくい代わりに持ち運びしやすいというのがメリットでしたが結局持ち運んでいたことは少なかったように思います。そもそも僕はズボンのポケットに何かを入れるということが好きではないので必然的に上の方のポケットに入れることになりますがジャケットを着ていればまだいいものの、胸ポケットのないシャツや、Tシャツのときにあれ、どうしよう、みたいな(笑)。しかもよく考えたら手ぶらで外に出ることなどめったにないのでバッグにさえ入れておけば身に付ける必要はなかったんですね。
ということで今の僕の中では、どうせ身に付けずにバッグに入れるのであればもう少し大きいサイズでいいのではと後悔しております。今使ってるメモ帳がもうすぐなくなるので新しいのを買う時は失敗しないように気を付けようと思います。
P.S.文房具好きの方へ
知っている方も多いでしょうが表参道に文房具カフェという喫茶店があります。すごくおしゃれでたくさんの文房具が置いてありますし料理もとてもおいしいです。行ったことのない方は是非行ってみてください。
それと、メモデコというなんとメモ帳専門店があります。メモ帳好きの方やメモ帳を探している方はチェックしてみてはいかがでしょうか。