まじめにふまじめ

くず大学生の惨状

東大合格発表を終えた方へ。

東大を受験し合格発表を終えた方へ。

まず、見事東大に合格した方、本当におめでとう!自分の番号を見つけたときの気持ちは大きな財産になるんじゃないでしょうか。(あえて感動と書かないのは自分が合格するのは当たり前だと思って実際当たり前に合格し感動しない人もいるからです(笑))某林修先生も「もう二度と抜かない刀を自慢に生きるようなつまらない生き方はやめてください」と言っています。これからが勝負です。
と、やる気にさせといてなんですがおそらくこれからの1ヶ月で東大に絶望する人が多いはずです(笑)何に絶望するかは入ってからのお楽しみにしときましょう。ここに書ききれないほどありますから。正直僕も大学選び間違えた感は否め
ないですが今置かれた環境で最善を尽くすしかないと思ってなんとかやってる状況です。でももちろん良いところだってたくさんあります。みなさんにはそこら辺をうまく取捨選択していってほしいと思います。

そして残念ながら不合格になってしまった方。
もし後期も受けるのであればまずはそこで全力を尽くすこと。諦めてはいけません。諦めなかったら上手くいくかと言われればそれは断言できません。しかし諦めた人にチャンスはない、これだけは断言できます。これは浪人する方もそうです。つらいでしょうが今が正念場です。あとはみなさん次第でしょう。

そして他の大学への入学が決まった方、おめでとう!少し複雑な気持ちかもしれませんが大学生活が始まればそんなものはすぐに忘れるはずです。充実した大学生活が送れるかどうかというのはどこの大学に入るかというよりもその大学で自分が何をやるかにかかってます。
実は僕は中学受験をしたときに第一志望校に落ちて第二回志望校に行きました。でも今では全く後悔していませんしむしろ良かったなぁと思っています。後から振り返ったときにあの時東大行かなくて良かったなぁと思えるような自分になっていれば良いのです。前半部分で述べたように東大に入ってもすぐに暗雲が立ち込めてきますから(笑)

とまぁまだ大学も卒業してない身分でずいぶん偉そうなことを言いましたが数年早く大学生活を送ってますしリアルタイムの大学生活を送ってる身分から是非伝えておきたいなぁと思ったので。何十年も前の自慢話を若者に押し付ける老害よりはましじゃないかな、と(笑)。
あとは、受験生活が一段落したら両親に感謝しましょうね。ほとんどの人は両親の支えあってこその受験だったでしょうからね。
新たな生活の希望と不安が混じり合うこの時期はなかなか味わえるものではないので今の内にゆっくり堪能してください(笑)