まじめにふまじめ

くず大学生の惨状

らっすんごれらい

流行ってますね~

 

僕はお笑いが好きなのですがそうじゃない人も必ず聞いたことはあるでしょう。ただ厳しい評価がちらほら聞こえてくるのも事実です。

 

ダウンタウン松本さん「別に面白くはなかったけどね」

たけしさん「バカ大学の文化祭じゃないんだから」

さんまさん「藤崎マーケットやオリラジのパクリやろ」

 

正直僕も最初見たときは「なんだこれ、面白くないなぁ」と思いました。こういうものとしてみればいいんでしょうけど普通のお笑いを期待してみるとこのような感想を抱かざるを得ません。

僕が最近のお笑い界についていけてないのか、最近出てきた方々はあまり好きじゃないんですよね。。。「ダメよ~ダメダメ」にしても「あったかいんだからぁ」にしてもそうです。すごい評判を聞いてハードルがものすごく上がった後に見ているからなのか、全く面白いとは思いません。

素人の勝手な漠然としたイメージですけど最近のお笑いはひねり過ぎてるというか、凝りすぎてる気がします。ネタの内容よりもスタイルで売ってるというか。。。もっと単純なボケとツッコミで完成度の高いネタをやる人が若手は少ない気がします。

ただネタが面白いかどうかはともかくとして、これだけ有名になることは本当にすごいことですよね。本当につまらないだけのネタであればこんなに広まることはないわけですから何か人を引き付けるものがあることは確かです。だから何もやってない素人が批評するのも余り良くないのかもしれませんが。。。

でも彼らの真価が問われるのはこれから今のネタが一段落した後ですよね。さまざまな番組に呼ばれたときの振る舞いとかトーク力とかで一発屋かどうかが決まりますから。だから僕は少なくとも今のネタではあまり笑えないですけどこれからのトークや他のネタ(そうそう、他のネタ見たことないから見たいですよね)で笑わせてくれることを期待しているのです。

8.6秒バズーカーの二人を見る限り、デビューして一年も経っていないのにバラエティー番組とかでものすごく堂々としているんですよねぇ。普通はもっと萎縮したり緊張したりするんですけどね。そういう意味ではとてつもない大物の可能性を秘めているかもしれませんからますます期待してしまいますね。

以上、YouTubeでお笑い動画をみてゲラゲラ笑っている良い朝でした。