まじめにふまじめ

くず大学生の惨状

『ツキの正体』桜井章一著を読んでみた

最近はあえて自分とは逆の考えの人の本を読もうということでオカルト派麻雀本を読んでますが今回は『ツキの正体』。麻雀の本というより勝負するときのメンタルのあり方についての本ですが。

著者の桜井章一氏は大学時代から麻雀を始めて、以後20年間にわたって裏プロで代打ちとして無敗で引退し、当時つけられた雀鬼という異名から雀鬼会というのを主催し今に至るという感じでしょうか。

まぁ麻雀について語っていることは結構オカルトで個人的には信用していないですけど(20年間無敗や牌が透けて見えるとか怪しすぎる)、勝負の世界に身を置いている経験値はやはりすごいものがあるので勝負の時の精神のあり方とかは学ぶことがあるかもと思い読んでみました。

 

まず麻雀というゲームでは知識や技術ではとても届かない「運の領域」が多くを占めていると言っています。なら20年間無敗とか余計にありえないじゃねーかというツッコミはやめておきましょう。そして運には三種類あると。天から授かる天運、場所につく地運、人の力で動かせる人運。人運を呼び寄せると天運、地運もついてくる、と。うーん、なら天運も地運も人運じゃんてことにはならないのかな、、、。ま、いいや。

楽しく良い気分で自分に素直になりリラックスすると精神状態にゆとりが生まれて良いツキがくるらしいです。でもツキがくるかどうかはおいといて、自然状態でいるってことは実力を発揮するためにはとても大事なことですよね。これは確かにそうです。

不調の時はわざと手を作らずに逆に壊していく。そうやって一歩退き肩の力を抜くことで見失っていたものが見えてくる。。。うん、まぁ確かに集中しすぎているがゆえに視野が狭くなってしまっているといのはありますね。

チャンスの時は淡々と普通に打っていればよくピンチの時こそビシッと勝負手を決める必要があるのです。とのことですがどうでしょう?パッと見は正しそうですけどデジタル派としてはチャンスもピンチも常に最善手を打つべきな気がするんですけどねぇ。

勝負における敗因の99%は自滅だと言っていますがこれには全面的に賛成ですね。勝負は負けない人が勝ちますからね。将棋界でも「勝因はない。敗因があるだけだ。」的なことを誰かが言ってた気がします。

うーん、読み終えた感想としては共感できることもあり、疑問符がつくとこもありという感じでしょうか。一回でいいから桜井さんと麻雀してみたいですね。もしそのとき桜井さんにばっか有効牌がいってぼろ負けしたら弟子入りします(笑)

他の本も読もうかなとは思っていますがお金がないので本屋で立ち読みします(笑)